空箱

empty box

読書

ピエール・ルメートル「その女アレックス」

その女アレックス 作 ピエール・ルメートル はじめに 以前、「悲しみのイレーヌ」を読んで面白かったのでその続きとなる作品「その女アレックス」を読んだ。こちらもとてもよかった。他の人の感想を読むと、読んだ順番によって受け取り方が違うようでまたそ…

ピエール・ルメートル「悲しみのイレーヌ」

悲しみのイレーヌ 作 ピエール・ルメートル はじめに 以前からルメートルの作品を読みたいと思っていて本屋に立ち寄って購入した。「悲しみのイレーヌ」のほかに「その女アレックス」「傷だらけのカミーユ」があって一番最初に書かれた作品から読みたいと思…

コナン・ドイル「緋色の研究」「四つの署名」

はじめに シャーロック・ホームズシリーズを読んだ。読むきっかけとなったのはやはり「名探偵コナン」から。登場人物の名前もあるが、一番大きかったのは映画「ベイカー街の亡霊」である。この映画が気に入ってシャーロック・ホームズについて知りたくなった…

「嫌われる勇気」

「嫌われる勇気」 自己啓発の源流「アドラー」の教え 作 岸見一郎 古賀史健 感想

ゲーテ「若きウェルテルの悩み」

「若きウェルテルの悩み」 作 ゲーテ 感想

フランツ・カフカ「変身」

「変身」 フランツ・カフカ 最後のほうにかけてとてもこわかった。家族であるからこそグレゴールに対してそうなってしまうのかなと思った。 グレゴールの変化から家族の外見的な変化、そして心の変化を読めたところが興味深かった。初めは父親も妹も働いてい…