読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空箱

empty box

映画「64-ロクヨン-前編」

64-ロクヨン-前編 (2016)

原作

横山秀夫

監督

瀬々敬久

はじめに

「64-ロクヨン-前編」試写会に行きました。

私は昨年放送されたNHKのドラマを視聴してから原作も読みました。

ドラマを見ようと思ったきっかけは、ほかでもない映画の「64」が公開されることを知ったからです。あれだけのキャストが揃っていれば誰でも観たくなるはず。映画の予習としてドラマを見始めたわけです。

ただ、監督の過去作やドラマを見終えてからそれぞれの役のキャストを比べると、期待は徐々に下がっていきました。

そんなわけで以下から感想です。ただの感想です。ドラマと比較した形はとっていませんが、原作とは多少比較しています。

感想

全体

前編は誘拐事件が起きて報道協定を結んでほしいと言われるまで。原作を読んだ身としては「やはりそこまでか…」という感じでした。前編は2時間程度だったので、やや駆け足だったなという印象です。そして原作との1番の違いはなんといってもD県ではなく群馬県!ぐんまちゃん!

前編を観て思ったことは「前編において印象に残ったシーンがなかったから」なのではないかと感じました。後編への壮大な前振りで終わってしまっており、意外性やこだわりも見えてきませんでした。

豪華キャストを宣伝していましたが、佐藤浩市vs豪華キャストのうちの一人なので残念でしたね。観る前から分かっていましたが。

加えていろいろな場面を2時間に入れたいという気持ちの表れか、役者まで早口な気がしました。

三上のこと

脚本のせいなのか演出のせいなのか、ずいぶん攻撃的な三上でした。原作の三上は記者にはネタをあげたりしていい関係を保とうとしているはずですし、刑事部に戻りたいという気持ちもあったわけですから、刑事ともいい関係でいたいと考えていました。私は三上は普通の人間だと思ったのです。特別すごい人間でもダメな人間でもない。それが今回の映画では怖かったです。佐藤浩市だと貫録がありすぎだなと思いました。だからかな、記者クラブとのシーンに違和感がありました。記者クラブなんて片手で潰せそう…。あと柿沼と漆原とのシーン、いろいろとやりすぎ。

気になったところ

昭和64年、雨宮がホシからの電話に出たとき、基本的には雨宮の声のみなのですが、最後、スーツケースを投げる指示があったときはホシの声を出していました。犯人の声を聴いたのは雨宮だけなのですが、ここでホシの声を流すのは意外でした(正直、ないだろ、と思うのですが、後編を観ていないので判断するのは先送りです)。

驚いたのは三上と幸田の話すシーンがあったことです。何か重要な意味があるのか後編が気になります。

雨宮宅二度目の訪問シーン。唐突に泣き出して長官視察のお願いをしていました。不自然だと感じました。原作だと"泣くはずではなかったのに泣いてしまった"のでてっきり今回もそうだと思っていました。でもあれは泣き落としたのではないかという意見もあり、それも頷けます。確かにその前に日吉の母親に嘘をついていますし、泣きながら長官視察のお願いを再びしています(ちなみに原作ですと、お願いをせずに出直すと言います)。そのようなどちらにもとれる演技は面白いなと思いました。ただ、今回は不自然だと感じましたが。後編にどうつながるのか期待します。

辻内とのシーン。原作でも靴の話はあります。私は原作でもいまいち意味が分からなかったのですが、映画でもこのシーンが出てきてやはり意味が分からず…。そして辻内はもう出てこないような気がするのですが、結局、靴は何の意味があるのでしょう。そして映画で出した意味はなんでしょう(辻内が何も分かっていないということかな?)。

そして記者室で銘川老人の生い立ちを語るシーン。ここは前編の見せ場だと思います。三上の語りだけでなく、銘川老人が生きているときのシーンを出してしまったのは個人的には好きではなかったです。

三上が銘川老人の人生を語るとき、記者が出ていこうとしたりして、話を聴く気がないと感じました。それを三上が止めてました。また記者が出ていこうとしたせいで、最後の長官視察の取材の件を頼む場面も無理やりな感じがしました。記者は全員三上は敵のような感じかな。

佐藤浩市さんは「俺をつぶすつもりで」と記者クラブの皆さんにおっしゃったそうですが、つぶすとかつぶさないとかそんなシーンではないよな、と思いました。違和感が少しありました。

三上の家に無言電話は全部で何回かかってきたの…? 3 回と台詞があったようです(追記)。

よかったところ

最初は「?」と感じましたが、数日経つと全体的にはよかったかなと思います。でも前振りだけで終わるのは微妙としか言えないです。前編だけでも一つの映画みたいなのが欲しかったです。あくまでも前後編合わせて一本の映画に感じました。

敢えていうなら、最後の方の記者クラブとのやり取りでロクヨンは「天皇崩御であまり報道されてない」ということを言ったことです。私自身も報道されていないことは意識して観ていなかったので、ここはよかったなと思いました。

雨宮さんは平成になってから最初に出てきたときは髪の毛すごすぎだと思いましたが、表情はすごかったです。

辻内役の椎名桔平さんがよかったですね、個人的に。キャリアという感じが伝わってきたのでよかったです。

あとは「俺は春までか」と言うところが好きです。笑うところではないのになぜか笑えてくる。

おわりに

おそらく後編も観るでしょう。「原作と異なる映画ならではのエンディング」はどうなるのでしょう。救いのある内容にしてもらいたいかな。

後編のための自分へのメモ

  • 三上の家に無言電話は何回あったか
  • あゆみが三上とこじれた理由
  • 公衆電話、指
  • 望月は実家が地元の農家なのになぜか関西弁
  • 群馬県の人口(世帯数)

関連記事

 

jetarina.hatenadiary.jp